数秘学カウンセリングを受付中です!

友達の力は偉大だな 不登校の長男の話。

スポンサーリンク

友達の力は偉大だなって話。

長男は現在、中学3年生です。
中学入学後、5月頃から朝起きられず、学校を遅刻し始め、休むようになり欠席が続き、不登校になりました。ほとんど中学校に行っていません。

悩んだ結果、学校に行かなくてもいいと結論になり、一日中家にいてもエネルギーを持て余している長男を見て学校以外の居場所を探そうと思いました。
いくつかの施設を見学体験して、
現在はフリースクールに、
ほぼ毎日通っています。

気が合う同級生の友達ができた長男

半年前から同じ通所仲間で同級生の男友達ができました。
とても気が合うようで、その友達が「駅で待ち合わせして一緒に行こう!」と誘ってくれて一緒に通うようになりました。
長男はほぼ毎日通所していますが、友達は不定期です。

友達は朝起きて「今日行こう!」と思ったら連絡してくる子で、しかも朝7時に誘いの連絡があるのです。その連絡を受けて私は慌てて長男をたたき起こして駅に向かわせるのです。
私にとっては朝から大仕事です。

夜更かし好きの長男

長男は夜更かし好きです。

友達が誘ってくれた朝は寝不足で真っ赤な目をして寝ぼけながらでも駅に向かいます。

普段は私が何度起こしてもなかなか起きず、なんとか起きて昼前までに通所する長男です。しかも私の車送迎中、後部座席でぐっすり寝る長男。

親としては夜早く寝て、早起きして出かけた方が生活リズムも整って良いと考えるのですが、長男には通じません。

長男は家族が寝静まった深夜に撮りためたビデオを観たり、タブレットで動画を観たりしています。
(最近のドラマ番組は一通り観て詳しい長男です。)

夜更かし防止作戦

一時期、あまりにも長男が起きないので夫と話し合い、
長男の夜更かし防止作戦を決行しました。

作戦1
テレビのデジタル放送用のB-CASカード(ビーキャスカード)を抜いて、カードとリモコンを親の枕元で管理する。

作戦2
タブレットやゲームの利用時間を設定して深夜にできないようにする。

作戦3
就寝前に自宅のWi-Fiを切る。

をやってみましたが、不思議なことに長男はあの手この手ですり抜けて、夜更かしは変わりませんでした。

深夜は自由で楽しい

長男の夜更かししたい気持ちもわかるのです。

家族みんなが寝静まった深夜、うるさく言う父母はいない(寝ている)。
ゲームにチャチャを入れる妹弟はいない(寝ている)。
お腹が空いたら台所でレンチンして食べても文句を言われない(朝、母に言われるが。)

そりゃ自由だよね~。楽しいよね~。夜更かししちゃうよね~

まぁ、しょうがないか〜と長男の気持ちも理解できるのです。

友達の一言で早起きになる長男

長男を早寝させようと試行錯誤して作戦まで決行したのに、

友達の「待ち合わせして一緒に行こう!」の誘いで、
長男は寝不足だろうとなんだろうと起きて出かけて行きます。
そして機嫌良く帰って来て、時には夕飯を食べずに寝てしまうこともあります。

親があれこれやっても、全く動じなかったのに…
友達の一言で激変です。

しかも長男は主体的で実に楽しそう。
本人がその気になったら、親の想像をはるかに超える力を持っているんだと思います。
なんでもできるんだと思います。

友達の力は偉大だな。

長男よ、青春を謳歌してくれ!

母ちゃんは嬉しいぞ!

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!