関係性を紐解くカウンセリングを受付中です!

受験直前の長男のプレッシャーと成長と。自分の今やれることをやって、ベストをつくすこと。

スポンサーリンク

 

「だ〜いじょうぶ、大丈夫」が口ぐせの長男は高校受験が間近に迫っている。

中学校は不登校だが、秋から週12回のペースで受験対策の指導を受けるために、担任の空き時間に中学校へ行って学んでいる。

願書提出や受験日のスケジュールを担任から聞いたせいか、移動中の車内で長男が、
「オレ、高校に入れるのかな〜」とこぼした。

私は運転しながら、
「あらら、いつも「大丈夫、大丈夫」が口ぐせなのに、自分には言わないんだね〜。お父さんは『合格できるから大丈夫!』と自信満々に言っていたよ。」と言うと、

「そう言う時に限ってわからないよ。」と返す長男。

そっか〜、
表情や行動に表さないけど、長男なりにプレッシャーを感じていたんだね。

 

「『道はつながっている』必ずどこかに入れるから大丈夫!
自分の今やれることをやって、ベストをつくせばいいんじゃない?」
と私は長男に伝え、その足でフリースクールに出かける長男の後ろ姿を見送った。

長男の背中が大きくなった気がした。

ハート全開!子育て中のお母さんを応援する布小物づくりが得意なカウンセラーのマチコです。

子育て中のお母さんを対象にお悩み無料相談を受付中です。
「ちょっと聞いて~」と気軽な感覚でお話しませんか?
ご連絡をお待ちしております。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!