数秘学カウンセリングを受付中です!

【備忘録】半衿の縫い付け方の手順 いつも半衿を付けてもらっていた私

スポンサーリンク

半衿って自分で付けるの?知らなかった~。
私は着付け時にいつも半衿を持参していました。着付けのお店側がやってくれるものだと思っていたら、一般的には自分で縫い付けて着物一式と一緒に持参するのだと初めて知りました。そのため今まで半衿を付けたことがありません。半衿の付け方がわからず困ってしまい、慌てて半衿の付け方を教わりました。備忘録として手順を書きました。

半衿(はんえり)とは、和服用の下着である襦袢に縫い付ける替え衿のこと。
(ウィキペディアより)

半衿の縫い付け方の手順

私の教わった方法は様々ある中の一方法です。私のように半衿の縫い付け方がわからず困っている方のお役に立てたら嬉しいです。

手順1
半衿に低温でアイロンをかけてシワを伸ばします。半衿の中心と長襦袢の背中心を合わせます。

手順2
長襦袢の衿の表と半衿の表を中表にして1cm1.5cm重ねてまち針をします。
まち針は背中心から衿先にまち針をして、その後等間隔にまち針をします。

手順3
絹糸と縫い針を用意し、半衿()と長襦袢の衿を縫い付けます。
長襦袢の衿の際
(段差の部分)を縫います。
背中心から衿先へ、次は反対側の背中心から衿先へと2回に分けて、縫い目は1.5cmほどの間隔で縫いました。

手順4
縫い終わったら半衿を表側に返してアイロンをします。
長襦袢の衿端と半衿の折り返しの端が揃うようにアイロンで押さえます。

手順5
半衿の反対側の端を長襦袢の衿にクルッと折り返して(長襦袢の衿を包む様に)、アイロンで押さえてまち針をします。

手順6
表の半衿に響かない様に、半衿と長襦袢の衿を拾うようにして縫います。
この時も背中心から衿先へと縫い、また反対側の背中心から衿先へと2回に分けて縫います。

手順7
仕上げにアイロンをかけて整えれば完成です。

(手順8)
背中心を半分に折って衣紋の部分をくけ縫いして衿の形を立体的に整える作業があるのですが、ここは着付けのお店がするのが一般的な様です。それぞれやり方があるようなので、今回私はこの部分は手をつけませんでした。

半衿は事前に自分で付けると知らずに今まで着付けてもらっていた私

いつもお願いしている美容院の着付けでは半衿を縫い付けてくれます。私は縫い付けてくれるのが当然と思っていましたが、一般的には自分で縫い付けて着物一式と一緒に着付けのお店に持ち込むものなんですね。(追加料金を支払えばお店側が半衿を縫い付けてくれるところもあります。)

今回いつもと違うお店で着付けを予約して、半衿の縫い付けが必要と知りました。今まで人にやってもらっていたので楽をしていました。

しかも私は半衿の縫い付け方を知りません。

検索エンジンで調べて動画を見ても、衿が二つ折りになっていたり、ざっくり縫うや細かく縫う、両面テープで止めるなど方法は様々で、
「何が正解なのか?」
検索すればするほど、迷うばかりでした。

悩んだ末に、いつも着付けをお願いしている先生に電話で聞いてみましたが、電話ではさっぱり理解できず、頼み込んでお店に持ち込んで直接、教えてもらいました。(迷惑な客ですね。申し訳ないです())

家に帰って復習しながら半衿を縫い付けました。

半衿の付け方を理解できましたが、次に着物を着る時はいつになるかわからないので、その時のために備忘録としてこの手順が使えたらいいなと思います。

細かいことは気にしない

どんな方法でも、要はズレないように付ければ細かい事は気にしなくていいのよ!
って着付けの先生は教えてくれました。

お裁縫が苦手な方は両面テープで止めたっていいのです。外からはどうやって付けているかは見えませんからね。

着物には昔からの決まり事が多少ありますが、着物だって服ですから、最終的には自分の好きなように着ていいのです。それよりも、気楽に着物を楽しめたらいいなぁ〜って思います。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!