関係性を紐解くカウンセリングを受付中です!

夫にイライラする 対処法 自分がキャパオーバーになっていることや彼を頼りにしている自分に気づくこと

スポンサーリンク

夫やパートナーの態度にイライラすることはありませんか?
私はよくあります!頻繁にあります!
そんな時は、自分がキャパオーバーになっていることや彼を頼りにしている自分に気づくことでイライラが解消されるようです。そんなお話です。

イライラを直球でぶつける妻。嵐が過ぎ去るのをじっと待つ夫。

私は日々の生活のイライラを夫に直球でぶつけます。
すると夫は嵐が過ぎ去るのを待つようにじっと貝になります。その姿に私はまたイラつく。

「なんで私ばっかり~」とギャーギャー大騒ぎを始めます。
一通り大騒ぎして冷静になった私は「あ~、またやっちゃった。すぐイライラしちゃうな…」と、その時は反省するのですが、改善することはなく、また定期的にイライラの波はやってくるのです。その繰り返しです。

そんな状況にヒントをくれたのは、
心理カウンセラー根本裕幸先生のお弟子さん仲間の桐山慶子さんのことケイティのブログでした。

ある日、何気なくケイティのブログを読んでいたら、名言を見つけました!

彼の行動にイライラしてしまうのは彼が好きだからだし、頼りにしているから。

この言葉に私はドキッとしました。私は夫に対してイライラすることが頻繁にあるからです。

ある平日の朝の我が家

先日もありました。
平日の朝、夫は仕事が休みだったので寝ていました。ぐっすり熟睡中です。

私は学校やフリースクールへ行く時間に合わせて、子ども達を起こしたり、朝食を作ったり、3人分の水筒にお茶を入れたり、お茶を沸かしたり、洗濯をしたり、ゴミ出しをしたりと次々やることがあり、大忙し。バタバタと動き回っています。

長男を起こす時間になりましたが、何度声をかけても長男は起きません。
私はだんだんイライラしてきました。

そして、ぐっすり寝ている夫を見たら私のイライラはMAXになり、夫の鼻と口を手で押さえてイジワルをしてやりました!

急に息ができなくなり、ビックリして目を見開く夫。その様子にニヤリと笑みを浮かべる私。

寝起きの夫に「いつまでも寝てていいわね〜!」って私は嫌味を言い放ちました。(かわいくない。)
夫は私の怒りの意味がわからないという表情を浮かべます。

そりゃそうだ、いい気持ちで寝ていたら急に起こされて文句を言われたらたまらない。意味がわからないよね。

なぜ夫にイライラするのか?

子どもが起きない事や慌ただしい朝は日常茶飯事なので普段の私ならイライラしませんが、今朝の私はイライラします。なぜでしょうか?

今朝は何かが違います。
そう、夫が平日休みで朝も家にいて寝ているのです。

なぜ私はイライラするのでしょうか?
なぜ私はムカつくのでしょうか?
子どもの予定に関係なく朝のんびり寝ている夫がうらやましいのでしょうか?
まぁ、眠いのでそれも一理あります。でもちょっと違う。

なぜでしょうか?
そうだ、私は夫に手伝ってもらいたいのです。
私は夫と一緒に子どもの世話をしてほしいと期待しているのです。

そっかー、このイライラの原因は、夫に期待していたからだったんだ。

それに気づくと、不思議なことにスーッと、イライラが落ち着きました。

そして夫に長男を起こすように協力をお願いできました。
夫は私のイライラが落ち着いたことに安堵した様子で、長男を起こし始めました。

これからはもう少し素直になりたいな(ハート)

相手を責めている時って自分がキャパオーバーになっている時が多いです。

というケイティの言葉に納得です。
私は朝の慌ただしさにややキャパオーバー気味だったのです。だから寝ている夫を責めたのです。

彼の行動にイライラしてしまうのは彼が好きだからだし、頼りにしているから。

そこに気が付くだけで、
「なんだ、わたし頼りたいのか。そっか!」とイライラの拡大を防げるのです。

できることなら、
「あなたを頼りにしているからなんだよ。」ということを彼に伝えてしまうのがいいと思います。

女性が不機嫌だと、それだけで罪悪感を刺激されてしまう男性たち。

「してくれないこと」を強調するのではなく、「頼りにしていること」を強調するのがポイントですよ~。
(「使えない」「役に立たない」は相手の自信もやる気もプライドも根こそぎ奪ってしまうので気を付けてくださいませ。)

さすがケイティ!

「そっか〜、私は夫を頼りにして期待していたんだ〜。手伝って欲しかったんだ〜。」
って気づくだけで、全然気持ちが違います。

すごい発見!

これからはもう少し素直になれるかな?
ハート全開!子育て中のお母さんを応援する布小物づくりが得意なカウンセラーのマチコです。

子育て中のお母さんを対象にお悩み無料相談を受付中です。

「ちょっと聞いて~」と気軽な感覚でお話しませんか?
夫婦の愚痴でも大歓迎。(夫婦問題の解決のお手伝いに私は自信はありませんが、お話を聴くことと共感することは得意です!)
ご連絡をお待ちしております。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!