数秘学カウンセリングを受付中です!

発見がありましたよ

スポンサーリンク

根本先生から私たちお弟子さんに向けて、
カウセリングの勉強を始めた今だからこそ、自分が実際にカウンセリングやセミナーを受けると色々なカウンセラーや講師のやり方を知れて、発見があって、いい勉強になるよ〜というような内容の投稿がありました。先生自身もあちこちのセミナーやセッションを受けてご自身のスタイルを確立されたそうです。

先日私が参加した親指シフト道場のワークショップ(4時間)はカウンセリング関係ではありませんが、参加者に教えるセミナータイプに近いので、タイムリーだと思ったので、私の気づきを書きたいと思います。
私が参加したワークショップは↓こちら

【親指シフト道場 】 親指シフト習得の夢をかなえるワークショップ(タイピング カウンセリング付き)

先日参加したワークショップの学び

親指シフト道場のワークショップでは、主に自分のパソコンに親指シフトのシステムを設定し、親指シフトとは何かを講義で学び、最後にタイピング練習をして、講師から各自の癖や特徴を指導してもらう流れの4時間ワークでした。

4時間のうち、1時間に1回程のペースで休憩(10分程度?)があり、講義を受けパソコンのある部屋から隣のキッチンのお部屋に移動します。講師(ものくろさん)がお茶やコーヒー(カフェインレス)を入れてくれて、ソファーに座ってお茶とお菓子を食べながら、講師と参加者で話をする時間がありました。

休憩中は、参加した動機やパソコン関連の専門的な話、ワードプレスでブログを書いてる話、人とのつながり話だったり…色々。

隣の部屋に移動することでパソコンから一旦離れ、気持ちを切り替える効果があるなと思いました。また、ソファーでゆったりと座って参加者さん達が交流や情報交換するのに最適とも感じました。

ビックリ⁉ 瞑想時間が始まることに驚いた私。

後半の休憩が終わると、講師が「集中して疲れたでしょう。」と言い、皆さんに配布した物は、簡易ホットアイマスクでした。
「何が始まるの?」と配られた物を見ながら、
小包装されたアイマスクを取り出すと、カイロの原理でじんわり温かくなり、それを目にあてて、そこからはリラックス音楽とアナウンスが流れて瞑想時間が始りました。(5分くらい?)

ここで瞑想タイムに私はビックリ!(そういえば休憩時間に講師がカウンセリングや心理学の勉強をしていると話していたな~と思い出す。)

瞑想が終わって、
視神経や身体がスッキリした感じがしました。
参加者さんの中には「目がよく見えるようになった!」と言う方もいました。

そして、瞑想後はアイマスクを外して、いよいよ最後の仕上げ、テキストの例文でタイピング練習をして4時間のワークが終わりました。あっという間の4時間でした。

今回の会場はマンションの一室で、講義を受ける部屋の片面の壁には白いパネルが貼ってあり、黒板兼スクリーンの役割をしていたり、各自の近くに電源配置やWi-Fi環境が整っていたり、随所に工夫がありました。

講義中に質問は随時して良いとのことで、私が何気なく言った言葉を講師がすぐに拾って「いい質問ですね〜」と返してくれるところも、疑問が解消されて納得して進める事が出来て良かったです。
講師が終始、「慌てなくていいですよ」「焦らなくていいですよ」と声をかけてくれるところや参加者のレベルに合わせた説明、穏やかな話し方、英単語のスペルを間違えてしまうお茶目な面、講師の人間性も素敵だな~と思いました。

カウンセリングとは違う分野のワークショップでしたが、参加者側から見て、色々な発見がありました。
実際に自分がカウンセリングやセミナーを受け、その時に講師の様子や運営方法、工夫点など探る視点で参加すると、より細部まで発見がありそうで面白そうだな~と思いました。

本日の分速結果

あっ、ちなみに今朝のタイピング練習の結果は、分速14.05文字でした。昨日の9.55に比較して、また微成長できたことが嬉しい私でした。数字が見えるとやる気になります!

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!