自宅内でも場所を変えると仕事が捗る。即席仕事場づくりのススメ~視点を変えると視野が広がる~

掃除が嫌いなカウンセラーのマチコです。こんにちは。
珍しく掃除機をかけています。家族もそんな私の姿にびっくりしています。
どれだけ掃除しない主婦なんでしょうね、私って! どんな人かはご想像にお任せします(笑)。



なぜ私が掃除機をかける気になったかと言うと、場所を整えよう!と思ったからです。

私の唯一好きな家事は洗濯です。
洗濯は洗濯機が洗ってくれて、私は干すだけなところが嬉しい。
干した洗濯物が、青空を背景に風に揺れているところを見ることが好きで、ボーッと眺めていると幸せな気持ちになります。

私は空を眺めながら生活したいので、子ども達が巣立ったら3階以上の中層階のマンションで暮らすか、そのような環境を仕事場にする夢を持っています。

即席の仕事場をつくってみた。

さて、私が久しぶりに掃除機を持ち出した理由は、
自宅の2階に狭い空間ですが室内に洗濯物を干す場所があって、こそは日当たりが良く日向ぼっこをするのは最高で、しかも座ると窓から空とベランダに干した洗濯物が見える場所なのです。
前からここで座って読書やブログ書きがしたいな〜って思っていたのですが、洗濯ハンガーや洗濯バサミなどが洗濯物干し用具があって狭くてゴチャゴチャしているので敬遠していました。
でも意を決して片付けと掃除をすることにしました。

すると、スッキリ!

小さな椅子をテーブル代わりにして、そこにお茶やお菓子を置いて小さな小さな即席の私の書斎にしようかと考えるとまた楽しい。

中層階の部屋を仕事場にしたいって思っていたけど、近い環境が身近なところで手に入ったかも?

即席の私の仕事場
写真撮影後に子ども達に占領される…(泣)

決めつけや思い込みを緩めてみると自由になる

普段は自宅の一室を仕事場にしていますが、机の上にはミシンや手芸道具、読みかけの本や資料などが置いてあり雑然としています。パソコンを広げるためには机の上を片付けをしなければならず、でもサッとミシンやアイロンがけもしたいので、出しっぱなしにしたい。でも追加で机を置く空間はない。そして空が見えにくい場所も不満でした。

仕事場は机と椅子が置けるある程度広い空間が必要!って思っていましたが、

家のあちこちにノート型パソコンもしくはスマホと椅子とお茶とお菓子を持って行けば、どこでも仕事場になるって気づいたら視野が広がりました。

天気のいい日は、ベランダで仕事したって良いんだ〜!って。

ちょっと視点を変えるだけで、案外身近なところに自分の希望を満たすことって転がっているんだな〜って思いました。

つい「ここだけ」とか「こうじゃなきゃ」って決めつけて視野が狭くなってしまいがちですが、決めつけや思い込みを緩めてみると自由になるな〜って感じました。
自由になったらブログも書きやすい(笑)。

いつもと違う視点、決めつけや思い込みを緩めることを意識してみると日常に変化が出てちょっと楽しくなりますね。

関係性を紐解くカウンセリングを受付中です。

あなたがつい陥ってしまうこと、毎度のパターンってなんでしょう?

カウンセラーはそこを紐解くお手伝いができますよ。
元行政保健師で数秘学も使える(家事が苦手な専業主婦)カウンセラーのマチコでした。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!