数秘学カウンセリングを受付中です!

イライラの原因は何だ!?不良母さんのススメ

スポンサーリンク

昨日から私はイライラしています。
女性特有の周期的にイライラする時期かもしれませんが、妙にイライラします。
こんばんは、元行政保健師でカウンセラーのマチコです。詳しいプロフィールはこちら

何にイライラするかと言うと、夫や子ども達の態度を見てイライラしています。

昨日は日曜日、
私は洗濯してご飯作って片付けして、嫌いな掃除を少しして、台所を中心に動き回っています。
夫や子ども達は食べて遊んで寝て、各自マイペースで過ごしている。
夫に手伝ってもらおうと考えましたが、趣味関係で急に外出してしまいました。

夕方、私が買い物に出かけて少し帰りが遅かったら、
家にいた夫には「どこへ行ってたの?なかなか帰って来ないから、いつ帰って来るのかと思った。」と言い、私の帰りを待っていたらしい。
でも、これは私の帰りが遅いことを心配しているのではなく、自分が夜釣りに行きたいだけ。私が留守の間に出かけることに気が引けただけ。

そして、また夜出かける夫に私はイライライライラ…。
イライラの気持ちは積もっていく。

なんで私ばっかりやらなければならないの!
私がやってるからあなた達は食べて遊んで寝て、つつがなく生活できているんだ〜!ありがたく思え!
どいつもこいつも、食べ散らかしやがって〜!キィ〜!
と鬼の形相に変わる私。

あー、イライラ。あー、イライラ…。

私の見てる世界は私の心の世界を映し出したもの?

ここで心理カウンセラー根本裕幸先生のブログからありがたい記事を発見。

投影の法則再び~あなたの見てる世界はあなたの心の世界を映し出したもの~

ってタイトルです。
私にはタイトルだけでも心にグサグサ刺さります。

「投影」ってのは「自分のフィルターを通して世界を見ている」という考え方です。
すなわち、「自分の心の中にあるものを外の世界に映し出している」というわけで「投影」という名前にになったのでしょう。



そもそも「投影」ってなんで起こるのか?というと「心の中の感情に気付き、開放するため」と解釈するのが良いと思います。
投影というのは外に映し出している世界を通して「自分の心の内を知る」という大切な行為なのです。

と根本師匠は述べています。

私の見てる世界から考えると、私は夫や子ども達のように、食べて遊んで寝てマイペースで過ごしたいのです。夫のように自分の都合優先で外出したり行動したりしたいのです。

では、なぜ私はそうできないのか?イライラの感情を分析すると、そこには、

私は専業主婦だし、主婦は家事をするべきって思っていて、家族がお腹が空いたと言ったら、主婦の私が調理しなければいけない。手づくりのご飯作り、食べ終わったら片付けもして、家の中のこと全般をつつがなく回さなければいけない。家族優先で生活すべき。

というのが、私の理想の主婦像のようです。認めたくないけど。

私は洗濯以外の家事は苦手でやりたくないけど、専業主婦だから、主婦業が仕事だから、稼ぎがあるわけでもないから、やらなければならない。
私の描く理想の主婦像を目指してしまう。でも理想の姿には到底及ばない。

そして心の奥では、理想の主婦業ができない自分はダメだ稼いでいない自分はダメだ。
自分には価値がない
って思っているのかもしれない。

心は広くて複雑で、地層のように様々な感情がいくつも重なっているから色々な見方が必要で、これが正解ってことはないけれど、
自分の心を掘り下げてくと、
私は主婦ができない無価値感とこんなお母さんでごめんねって言う罪悪感があるのかなぁ〜とぼんやり思う。

そしてまたまた根本先生のステキな記事を発見!

そして、私は自分の理想像が高いだけで家事はやっているし、夫や子ども達のためにあれこれと動き回ってよくやっているんだと思う。それを自分で認められないのだと思う。
なぜなら、理想主義の完璧主義の傾向にあるから。

〇〇(理想の姿)でなければならない!(理想主義)
きちんとしなければならない!(完璧主義)
の二つを私は標準機能として備えているので、ついついそれらが発動してしまうのです。

特に自分が大事にしている夫や子ども達に関することなので、即発動してしまうのだと思います。
(個人の見解です)。

だから、さっさと、
毎日毎日、家事なんてやりたくな〜い!
自分が思い描く理想の主婦や理想のお母さんにはなれな〜い!

って叫んで白旗を挙げちゃえばいいのにね〜。

やってるつもりでも、それがなかなか難しいんですよ。

本当は、ご飯は誰かに作ってもらいたいし、掃除も誰かにやってもらいたい。
自分優先で自分のペースで好きなことして、遊んで、誰かが作ってくれたご飯を食べて寝て暮らしたい。

「いい母親、いい奥さんになろうとしすぎ~」
目指せ!不良母ちゃん!

ふ〜、今日はここまで。
この後、どうなる?この記事はまとまるのか?
わからないけど、今日はおしまい!
次回へ続く。(たぶん。)

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!