数秘学カウンセリングを受付中です!

それでいいのだ。時期未定の気まぐれな割烹着屋さんオープン

スポンサーリンク

元行政保健師で数秘学も使えるカウンセラーのマチコです。
私はカウンセラーの傍ら、
ポケット好きな 布小物屋さん(屋号:ポケットマーチ)をしています。

9月に入り、朝夕涼しくなると作りたくなるのが割烹着ですよね?←えっ?私だけ?

割烹着の販売を開始しました。在庫は2点です。
詳しくは、こちらへ

https://minne.com/items/24643209

屋号はポケットマーチ

屋号であるポケットマーチは、私がポケット好きだからです。機能的で活動的なところ、ポイントにもなるポケットがいっぱい並んでお散歩している様子をイメージしてポケットマーチと名付けました。

当初はPocket Marchの表記でしたが、
マーチMarchとマルシェMarcheの混同を危惧してカタカナの表記にしました!
(あら、誰も気にしていない?あらまぁ。)

割烹着LOVE

私はポケットと同様に割烹着も大好きで、キッチンや家事では割烹着は最強だと思っています!
私は夏でもキッチンで炒め物や揚げ物をする時は薄手の割烹着を着ます。
割烹着を着たまま、ポケットにティッシュや鍵を入れて近所へゴミ出しや散歩に行くこともあります。

そして、自分の好きな着丈、使いやすいポケットやヒモの位置で作れることがハンドメイドの醍醐味だと私は思っています。

特に、美しい縫い目にこだわり、脇や股下等の十字の縫い合わせ部分がピタッと合うと快感な私。(←変態な境地です(笑))

モチベーションが続かない!私の悩み

丁寧な縫製に情熱を燃やしているので、持続力が続かないことが私の弱点で悩みでした。

私の作った物を見た方からご注文いただく機会もありました。最初は楽しく縫製しているのですが、だんだんと納期やご要望にお応えすることがつらくなってくるのです。
義務感が生まれてくるんですね。
そしてモチベーションが続かなくなって、「もうやーめた!廃業廃業!」ってなってしまいました。
そのため、私は割烹着づくりから離れていました。でもまた作りたくなってしまったのです。

流れを書くとこんな感じ。

最初は縫製が好きで楽しくて夢中でやっている
→周囲から評価も得られ、ますます楽しくなる
→もっとがんばる
→注文が増えて納期がタイトになる
→お客様の要望にも応えるようになる
→いつの間にか期待に応える義務感を感じ始める
→疲れる→嫌になってくる
→全て辞めたくなる。
このパターンを繰り返し。

気まぐれな割烹着屋でOK!

先日、あるカウンセラーさんに私が陥るパターンを話しました。毎回このパターンで悩んでいると。どうしたらいいのかと。

カウンセラー

マチコさんがかっぽう着を作りたいなら作ればいいし、販売したいならすればいいんじゃない?

マチコ

いやいや、待って。だって、だんだんモチベーションが続かなくなるんだよ。持続しないんだよ。ビジネス的にはコツコツと継続しないとまずいでしょ。お客様をガッカリさせちゃうでしょう?

カウンセラー

それだけ情熱をかけて製作しているならエネルギーが切れてモチベーションが続かなくなるのも仕方ないんじゃない?芸術家タイプなのでは?情熱(エネルギー)の波があるんだよ。仕方ないよね。

カウンセラー

もちろんビジネス的にはコツコツと継続できた方が良いかも知れないけど、できないんでしょ?
じゃあ、仕方ないよね。

カウンセラー

大事なのは、できない時はできないって断るべきだし、持続しない気まぐれな割烹着屋さんでもいいって自分が許可することなのでは?

私はカウンセラーさんの言葉にハッとしました。

断ればいいのか。←すぐ安請け合いしてしまうので断ることが苦手ですが(汗)

エネルギーが続く限りの時期未定の気まぐれな割烹着屋さんでもいいのか

あらまぁ、新しい視点でした。
カウンセラーさんに自分の気持ちを聞いてもらうと私が勝手に思い込んで決めつけていた観念みたいな思い込みを「そうじゃなくていいんだ!」って新しい視点や価値観に気づかせてくれるところが嬉しい。

私は完璧主義や理想主義も持ち合わせているので、「ちゃんと作らなければ!」とか、「世の中にはもっと上手で続けている人達がいるのに、こんな程度でエネルギー切れして続かない私はダメだ。」と自分にダメ出しばかりしていました。それでは、ますます苦しくなるばかりですよね。

そして、他人軸になっているという指摘もあり、私は痛いところを突かれて痛い痛い。

はじめは自分軸、いつの間にか他人軸

心理カウンセラーの根本裕幸先生のブログにも似た事例が書かれていました。

「はじめは自分軸だったけれど、気が付くと他人軸になっている」ということで、ライフワークを考える上で問題になってくる点です。
とのこと。

自分軸と他人軸の違いで表現すると、

「他人からの期待や要求が来たときに、そのこと自体に喜びを感じてしまい、そのまま引き受けてしまう状態」が他人軸です。
一方、「他人からの期待や要求が来たときに、それは嬉しいことなんだけど、『まてよ、それって今、やりたいことなんか?』と自分の気持ちを確認してから選択する」という態度が自分軸です。
つまり、一度自分の気持ちを確かめているか、そこをスルーしちまうかによって、自分軸なのか他人軸なのかが別れるわけです。

大事なことは「No!」をはっきり言うこと
そして、
Noを言う自分を許す。
しんどくなってきた自分を許す。
他人の期待に応えられない自分を許す。

とのこと。

マチコの学び

依頼が来たときに、声をかけてもらえた嬉しさだけで「嬉しい!やるやる~」って飛びつくのではなく、
一旦冷静になって「それって私のやりたいことなのかな?ワクワクする?楽しい?」って自分に聞いてみること。
違和感を感じるのであれば断ること。断る自分にOK!を出すこと。
他人の期待に応えられない自分にOK!を出すこと。

そして、私が追加するのは、
持続できない自分も許す。ということ。
これらを意識して生活したいと思います。

Machiko’s voice

気まぐれな割烹着屋さんとして、ハンドメイドサイトで不定期に販売を開始しまーす。

https://minne.com/@pocket-march

それでいいのだ!

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!