関係性を紐解くカウンセリングを受付中です!

手づくりプリーツマスク 細ロック始末に改良 同じように作っている方の参考になれば。

スポンサーリンク

手づくりプリーツマスクを一部改良しました。同じように作っている方の参考になればと思い、記事にしました。

何度か洗濯を繰り返すと端のほつれが気になる…

ハート全開!子育て中のお母さんを応援する布小物づくりが得意なカウンセラーのマチコです。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のためマスクの需要が増え、マスク不足の現状です。マスク不足の状況を少しでも改善できればと思い、自宅でミシンを使ってマスクを手作りしています。

作り方は以前の記事に書きましたので参考にしてください。

プリーツマスク 作り方 大公開! あなたも手作りマスクづくりをしませんか?


私の作るプリーツマスクの端はロックミシンを使用して2本針4本糸ロック処理をしてきました。

しかし、何度か洗濯を繰り返すと端のほつれが気になるようになりました。

布マスクの機能に変わりはないのですが、「見た目が美しくないな~」と気になっていて、
「なんとかならないかな〜」と悩みの種でした。

ミシンの取扱説明書をパラパラと読んでいたら「巻きロック」の始末方法を見つけました。
でも巻きロックは伸縮性のあるウーリー糸を使うものだし、ウーリー糸はフワフワっとしていて扱いにくいし、少し値段が高いので各色を何本も揃える事に抵抗がありました。

すると、巻きロックのやり方を説明した素敵なブログ(ニット生地の通販SMILE店主のハンドメイドブログ)を発見しました。

細ロックに挑戦

巻きロックには、私が思っていたウーリー糸を使う巻きロックとスパン糸を使用した細ロックという方法があるようです。
細ロックにすれば、今まで使っていた
2本針4本糸ロックと同じスパン糸を使用することができます。

細ロックで端を処理すれば、繰り返す洗濯にも耐えられるかもしれない!

試作を作り、家族や知人に見せて評判を聞きました。
画像の上が2本針4本糸ロック始末、下が細ロック始末です。

結果、「キレイね!」「いい感じ〜!」と高評価をいただきました。

やった〜!と嬉しい私。

今までの2本針4本糸ロック始末でも使う分には支障はありませんが、お洗濯を繰り返すと端が出やすくなり、見た目が少し気になる点を細ロック始末にする事で改善しました。

モノづくりの醍醐味

ハンドメイドは自分の好きな大きさや自分のイメージを形にできる利点があります。

今回マスクづくりで、より快適に、より美しく、より使いやすいものを目指して少しずつ小さな改善をしています。
作ったマスクを自分や家族が使って使用感や耐久感を試しながら、改良を繰り返しています。

商品の価値を高めていく。この工程が職人さんのようで楽しく面白いなーと思います。

普段、私たちが何気なく使っているモノも最初に作った人がいて、様々な人の試行錯誤によって、より使いやすく改善されて製品として生まれて来たのだと思うと感慨深いものがあります。

ものづくりって奥深いな〜と思うのでした。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!