関係性を紐解くカウンセリングを受付中です!

新たな夢が・・・芽生える

スポンサーリンク

根本先生のお弟子さん講座の宿題である電話セッションを終えました。
皆さんとても熱心に聞いてくれて、また、事前に私のブログも読んだ上で聞いてくれる方もいて、話題が広がって話しやすかったです。

自分の育ってきた環境や家族のことを話すうちに、
幼い頃、学童期くらいの私の夢は、
幼稚園の先生になること
お嫁さんになって、きれいなドレスを着たい。子どものお世話がしたい。
と思い出しました。
もともと小さな子が好き、お世話が好きでした。

でも実際は違う職業を選びました。
なぜだろう?と振り返ってみると、
高校の進路指導の先生から「これから少子化だからね~。若い時しかできない仕事だよ。」みたいなことを言われたような記憶があります。母親からは、女性でも安定した一生働ける職業を目指したらどうかと提案されて、私は幼稚園の先生の夢を早々にあきらめた気がします。

結果、
結婚してきれいなドレスを着たのでお嫁さんになる夢と、子どもが3人生まれてお世話もできました(現在も進行中ですが)。その夢はかないました。

私、幼稚園の先生になっていない!今からでもなれるかな?
できれば、我が子達がお世話になった保育園がいい。
それならば、保育士だ!
って電話セッションを通じて、私、思っちゃたんです。

カウンセラー役の方からは、
保育士の職業はマチコちゃんに合ってると思う!やってみなよ!」って言ってもらえました。
(…私が言わせた?)

ストレングスファインダーの結果の私強み上位からも、個々を共感してポジティブに成長促進させていくことから、幼児さん達とワイワイキャーキャー言いながら、集団で活動して物事に前向きに取り組んでいく自分の楽しいイメージが描けました。

でも、そこで登場するのが悪魔のマチコちゃん
「もう40歳だよ。幼児さんと一緒に走り回る体力がある?」「常勤で一日中、続く?」「そもそも資格が取れる?記憶力かなり落ちてない?」などなど。

悪魔のマチコちゃんのささやきに意気消沈

別の電話セッションで私の夢の話をすると、
自分の空いた時間を事前登録しておいて、利用者がそれを見て子どもを預ける依頼ができるアプリがあるよ。常勤でなくても給食の時間帯など手がいる時間や夕方からお迎えまでの遅い時間帯に働く短時間勤務の雇用もあるかもしれないよね~。などなど。
話しているうちに、様々なアイディアが出てきて、

自分のライフスタイルと働き方を柔軟に合わせれば、保育士もカウンセラーもできるかも!
欲張りな私でいいじゃない(ハート)

とりあえず、保育士資格取得を目指し、通信教育の資料請求をしてみました。
ワクワクしてきました~。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!