数秘学カウンセリングを受付中です!

学校に行かなければいけないと思うから不登校が問題になる。

スポンサーリンク

学校は必ず行くところ、行かなければならないと考えがあるから不登校が問題になるのであって、学校に行きたくないなら行かなくてもいいじゃんと考える家庭(親)は、そもそも不登校を問題と考えないそうです。うちも同じだな~という話です。

行きたくないという長男と行かせようと必死になる母

我が家には3人子どもがいます。長男は現在、中学3年生です。
長男は中学校にほとんど行っていません。
中学入学後、5月頃から朝起きられず、学校を遅刻し始め、休むようになり、しだいに欠席が続き、不登校になりました。

長男は第一子で、私にとっても中学生の子を持つ母は初めてです。しかも不登校。
ショックでした。

どう対応していいかわからず、
なぜ学校に行かないのか?何が原因か?
と悩み苦しみ、長男に理由を問いただし、追い詰めました。

みんなから遅れる!外れてしまう!
勉強ができなくなる!
進路がなくなる!
人生のレールを踏み外していいのか!
将来、路頭に迷ってもいいのか!

不登校によって、息子の将来は絶望的だと決めつけました。

みんなと同じようにできない(学校に行けない)息子に育てた悪い母親だと自分を否定しました。

なんとか息子を学校へ行かせようと必死でした。

学校へ行かなければいけないという思い込みを手放したら楽になった。

毎朝、長男をたたき起こし「学校へ行くか行かないか。」を確認して、時には罵倒する日々が続きました。
長男は私や周囲からどんなに言われても「学校に行きたくない!」と頑に拒み、自分の殻に篭るようになりました。小学生の頃は明るく活発な子だった長男が、家にこもって暗く険しい表情になりました。

長男だってみんなと同じようにしたいと思っているけどできない。
学校に行きたいと思っていても行けない。
それで深く傷ついて苦しんでいる。罪悪感を抱えている。

息子を傷つけて苦しませてでも学校へ行かせるべきなのか?
と考えるようになり、

本当にみんなと同じにしなければいけないの?
本当に学校へ行かなければいけないの?
と疑問を持つようになりました。

そして、
苦しむほど嫌なら、学校に行かなくてもいいんじゃないか。
みんなと同じようにできなくてもいいんじゃないか。

最終的には、
生きているだけでいい。
と思うようになりました。

中学校のシステムが長男に合わないのなら、長男に合った彼らしい生き方を探せばいい。
学校へ行かなければいけないという思い込みを手放したら、私は楽になれました。

友達と大きな声で笑う長男

長男は現在、平日の昼間はフリースクールに通っています。
生活リズムを整えることを目的に、体を動かしたり、仲間とゲームの話をしたり、季節の行事に参加したりして過ごしています。

そこには不登校や様々な事情を抱えた人たちが通ってきます。みな心優しい人たちで、長男を攻撃する人はいません。痛みを知っているからこそ、人に優しくなれるのかもしれません。

半年ほど前から、同級生の男子の友達ができました。
その友達とはとても気が合うようで、一緒に誘い合って通所したり、帰り道にファーストフード店に寄ってゲームの話で盛り上がったり、休日に彼が家に遊びに来たりして、大きな声でゲラゲラと笑い合っています。

同じ年代の友達と交流して明るく元気な長男の姿を見ると、この選択は間違っていなかったと私は思います。

よく食べよく寝て、ゲームに夢中な明るく元気な不登校生っていいじゃん。最高だ!
私はとても幸せです。

2年前の私へ伝えたいこと

2年前の私に伝えたいこと。
どうしていいかわからず息子を責めて、自分を責めて苦しいね。
なんとかしようと奔走してがんばっているね。

まるで出口の見えない長く暗いトンネルの中を走り続けているような感じだね。

でも大丈夫!道はつながっているよ。必ず出口は見つかるから。

今は暗く険しい表情をしている長男が、2年後には友達と大きな声で笑っているよ。

あなたは素晴らしいお母さんだよ。
子どもを愛しているからこそ、思い悩むんだよね。なんとかしたくなるんだよね。

でもさ、助けたいのは愛情だけど、助けられるとは思はない方がいいよ。

息子の人生は息子本人のものだし、彼が決めることだからね。

お母さん、あなたはもう十分がんばったね。
これからは自分の時間を自分のために使ってみてはどうかな?

息子は息子、私は私。

私は私で幸せになれるし、息子は息子で幸せになれる。

お母さんが自分らしく自由にイキイキとしたら、見える世界は変わってくるんじゃないかな?

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!