関係性を紐解くカウンセリングを受付中です!

登校渋りちゃん、通学団で登校する。大きな大きな一歩

スポンサーリンク

次男は登校渋りちゃん

元行政保健師でカウンセラーのマチコです。詳しいプロフィールはこちら

我が家の末っ子(次男)の小4男子が毎朝、通学団で登校しています。
「当たり前でしょ!」って言われると思いますが、次男は登校渋りちゃんなのです。

それは小学校の入学式から始まった

それは小学校の入学式の朝から始まりました。
ピカピカのランドセルを背負って親と一緒に登校すると昇降口(げた箱)で急に次男が「入りたくない!」と言って泣き出しました。一緒にいた私も夫もびっくり。

何とか次男をなだめて教室に入り、着席すると、今度はお母さんと離れたくないと、また泣き出しました。
仕方がないので、先生と相談して、私は次男の席の横にくっついていました。他の親は教室の後ろで見守っているのに…。

異例の保護者席から入学式に参加する次男

入学式が始まるため、親は先に会場の体育館に移動するように説明を受けても、次男は私と離れることを嫌がり、私は会場へ行くことができないまま、次男の横にくっついていました。
その後も「入学式に出たくない!お母さんと離れたくない!」と言い泣くので、異例の保護者席から入学式に参加する次男でした。そして式後のクラスの集合写真は次男を何とかなだめて、母から離れてクラス写真を撮りましたが、写った次男の姿は、お母さんの方を見ていて正面を向いていない次男でした。トホホ。

こんな調子でスタートした次男の小学校生活です。
登校も渋り、毎朝車で送って行きました。職員室と保健室のどちらかに登校して、落ち着いてから教室に入るという毎日。

当時、私はフルタイムの仕事をしていたので、自分の出勤時間に間に合わせるために必死で、泣きわめき私にしがみついて離れない次男を何とか引き剥がして担任に預けて、ダッシュで出勤していました。
(まさに、保育園の慣らし保育の乳幼児さんと保護者のような光景です。)
次男は私が去った後、朝の渋りが落ち着くとケロっとして教室でみんなと一緒に授業を受けて、嬉しそうに下校してくるそうです。
下校時には祖母が留守番してくれているので、次男は安心して帰って来ます。帰宅後は祖母や帰宅した兄弟と遊んだり、宿題をしたりして母親の帰りを待つ毎日でした。

手を焼くのは朝だけ。
あと、休日の最終日の夜(サザエさん症候群?)日曜日の黄昏時、月曜日からの日々を早々して気持ちがブルーになり、シクシクと泣くのです。

渋る理由は?

ある日、次男に「なぜ泣くのか?」「何が嫌なのか?」と質問してみました、
すると、
人がたくさんいるからイヤ。
学校にいる時間が長い。疲れちゃう。早く帰りたい。

と次男は答えました。

そっか~
人がたくさんいるから入学式がイヤで泣いていたのか〜。
授業参観の日は休みたがるし、全学年が集まる集会も嫌がって保健室にいたこともあったと聞いたので、そのためか〜。
思い返せば、保育園時代は運動会やお遊戯会をとても緊張して参加していたし、運動会の出番の直前に観覧席から夫が「がんばれー」って大声で声援を送ったら、次男が急にその場で泣き出して走れなくなって、以降、我が家では声援禁止令が出たな~って思い出した。

昨年度まで長女が小学生だったので、校内で弟の様子を見かけたら声をかけたり、一緒に帰れる日は一緒に下校したりと、気にかけてくれていました。今年度からは中学生になり、次男の心の支えがなくなり、どうなるものかと心配しました。

新 小4年生がスタート

5月末の段階的な学校再開では、
次男が「給食ないし、半日だから!」って自分に言い聞かせるように言って、近所の上級生と通学団で登校していました。

6月に入り、給食が始まって一日授業になると、
次男は登校前になると急にお腹が痛くなったり、気持ち悪いと嘔気を訴え出したり、渋りちゃんが顔を覗かせました。
昨年度まではお姉ちゃんがいたので「今日も送迎で行く」と通学団に伝言を依頼できましたが、今年度からは通学団の班長に伝えないと、班全体を待たせることになります。そのため、本人と一緒に通学団の待ち合わせ場所まで行って班長に伝うようと出向くと、なぜか次男が「行く」と言って通学団に加わり、一緒に歩き出して登校しました。
翌日は通学団の集合場所で泣けてしまって渋る次男に、「みんなと一緒に行きな。いってらっしゃい。」と私は心を鬼にして見送りました。次男は班長さんになだめてもらいながらトボトボ登校していました。
その後も渋りが顔をのぞかせますが、なんとか通学団で登校を続けることができています。

今朝は金曜日なので、「明日から休みだ!」とルンルンで次男は出かけて行きました。
(日曜日の黄昏時が今から懸念されますが…。)

そんなこんなで、
うちの登校渋りちゃん、なんとか通学団で登校しています!

その子のペースでいいんです!

今年入った一年生の方が元気に登校しているぞ!って言われそうですが、

小学四年生でシクシク登校渋りちゃんでもいいんです!
入学式のあの姿を思えば、大きな成長です。毎日毎日、車で送って行って、職員室や保健室に登校して泣き喚いていた頃を思うと本当に大きな成長です。
その子のペースでいいんです!

のんびりでいい。少しずつでいい。
私はあなたの歩みを見守っているよ。
マイペースでいいよ。

無料のお悩み相談を受付け中です。

お母さんのような愛情を感じたい方、
受け入れてもらってホッとしたい方、
完璧主義を緩めたい方、
家族や友達に相談するのは抵抗があるけど誰かに話したい方…などなど。

ゆるっとおしゃべり感覚でお話しませんか?

現在、無料のお悩み相談を受付けています。
あなたからのお申込みをお待ちしています。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!