関係性を紐解くカウンセリングを受付中です!

10分 ウォーキングのススメ 全身が温かく、脂肪燃焼、冷え性対策に

スポンサーリンク

あなたは一日に何歩くらい歩いていますか?

私の普段の歩数は2000歩程度です。運動不足と冬場の手足の冷えを感じていたので、日常生活に歩くことを取り入れようと考え、実践してみました。

その結果、10分程、歩いた頃から全身が温かくなり、特に足先と指先が温かく血流が良くなったと感じました。冷え性対策や脂肪燃焼に効果があると感じました。
また、歩いて体を動かすことで、思考はスッキリして気分が良くなりました。

驚くほど歩いていない現状

以前は、歩数計をベルトに挟んだり、ポケットに入れたりして計測しないと自分の歩数がわかりませんでしたが、今は、スマートフォンに歩数計の機能付きのアプリが入っていて、知らないうちにスマホが自分の歩数を数えてくれます。簡単に自分の歩数がわかり、活動量を把握することができます。

私の普段の歩数は2000歩程度です。

日頃から運動不足を感じていましたし、冬の寒さで手足が冷えることも気になっていました。そこで、いつもなら近場でも車か自転車を使う外出を思い切って、歩いて行くことにしました。慣れないことをして途中で疲れて帰れなくなることを懸念して、近場から始めました。

今日の目的は、自宅近くの図書館まで行き、借りた本を返却することです。
Googleマップで調べると、目的地は片道1.6km(往復3.2km)です。

歩く時に意識したこと

  1. 靴は紐付きの運動靴にしました。靴の指先部分は指が自由に動くゆとりがあり、足首に近いヒモはキュッと締めてから縛ります。このようにすると、足と靴が一体化するので歩きやすくなります。
  2. 足運びは、踵(かかと)から着地することを意識し、つま先で蹴り出して歩くことでつまづきや転倒防止になります。
  3. 姿勢は、前方、数メートル先を見るようにして背筋を伸ばして歩くと美しい姿勢が保たれます。ヒップアップ効果も期待します。
  4. 腕は大きく振って歩くと運動量アップにつながります。でも人目が気になるので、人がいない場所では大きく腕を振って歩いてみました。
  5. 速度は、少し息が上がるくらいで早歩きが脂肪燃焼には効果的です。
  6. 水分補給も忘れずに。水を携帯しました。

歩く効果

早歩きで歩いて、途中、図書館で本の返却をして3.2kmを40分程かけて歩きました。
歩数は4166歩でした。

血液循環が良くなり、冷え性対策に効果的!
10分程、歩いた頃から全身が温かくなりました。特に足先と指先が温かく血流が良くなったと感じました。

運動で思考がクリアになり、気分転換に効果的!
歩いて体を動かすことで、思考はスッキリして気分が良くなりました。
もし考えがまとまらず頭の中がごちゃごちゃした時は、ウォーキングをするとその運動によって思考がクリアになると思いました。

目的があると歩きやすい
ただやみくもに歩くより、今回のように「図書館に行く」と目的があった方が歩きやすいと思います。特に運動が習慣化していない私のような初心者には、目的があった方が歩くきっかけになります。

誰でもできる簡単さ、お金がかからない気楽さ

ウォーキングは歩くだけなので、誰でもできる簡単さ、お金がかからない気楽さの健康方法です。そして、冬場は血液循環が良くなって冷え性対策にぴったりです。

あなたも日常にウォーキングを取り入れてみませんか?
まずは10分、日常生活に歩くことを取り入れてみませんか?

(プラス10(プラス・テン)…毎日の生活に10分、運動を取り入れることを推奨する健康づくりの言葉。ウォーキングなら10分=約1000歩です。)

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!