祝300記事!おめでとう〜 そして自分の数秘の数字がわからない問題を語る。記念記事もやっぱり数秘の話。

この記事でちょうど300回目です。
2019年10月29日に最初の1記事を投稿してスタートしたMachiko’s blogも300記事です。

毎日更新の時期もありましたが、最近は不定期更新なので、1年半くらいで300記事に達成しました。
なんだかんだと記事更新を続けた私、えらいね!
ここまで読んでくださった読者の皆様、ありがとうございました!!

こんにちは、幸せ発見クリエイターのマチコです。

このブログ内容は心理学セミナー受講から始まり、自分のことを深く掘り下げてみたり、家族のこと特に不登校だった長男のこと、登校を渋る次男のことを書いてきました。
時には、時短家電のホットクックやハンドメイドのことを書いたり。
最近は、お弟子講座の先輩をきっかけにどハマりしている誕生数秘学のことを熱く語っています。

※お弟子講座とは、心理カウンセラー根本裕幸先生お弟子講座のことです。

ブログ記事カテゴリーを見ても、あちこち多方面に飛んでいる私の趣味趣向です。
あちこち飛び回るけど、また戻って来て、また飛んでを繰り返す蝶のような人なのかもしれません。(←自分でもよくわからない。)

初回の記事はこちら↓

300回記念・・・でも結局いつもの記事に落ち着く。

せっかくの300回記念なので、何かかっこいいことを書きたいな〜と思いながらここ数日、ネタ探しをしました。しかし見つかりませんでした。
かっこつけたり、ちゃんと書こうって思うと逆に考えすぎて上手くいかないんですよね〜。
私にとって「ちゃんと〜」とか「きちんと〜」の理想主義を発動させることはお得意分野ですけどね〜。

かっこいいことって思えば思うほど、何も見つからないので、早々に諦めて、思ったことをふわっと書こうと思います。

数秘11がしっくりこない問題

さてさて、ここ最近の私の頭の中のこと。

数秘11がしっくりこない問題

私はお弟子講座の先輩とのご縁で誕生数秘学を知りました。最初に自分の3つの数字を知ってその解説を聞いた時、11-4-5の真ん中の4と最後の5の数字は私の性格や特徴と共通する点が多く、「わかるわかる!」って理解できました。

でも11の解説を聞いても腑に落ちないのです。

例えば、11
・直感力がある
・個性的で人と違う感性
・ユニークなセンス
・芸術家タイプ
・ひらめきやインスピレーション
など。
と聞いても私は「誰の話だろ〜?」って感じでした。「計算間違いでは〜?」って思ったけど、私は11日生まれなので計算を間違えるはずもなく、そのまま11番さんなんです。
しかも29日生まれの2+9の11番さんよりも11日生まれの方が、純度高めの直感派で11の特徴が強いと言われました。なんだかなぁ〜。

逆に1+1の2番さんの特徴を聞くと、
・母性本能が強い
・細かな気配りができる
・お世話好き
・特定の人をサポートする秘書や参謀タイプ
・優しくて人当たりが良い
など。
2の特徴の方が「しっくりくる〜!」って前のめりで答える私。

そう、私は11番よりも2番の特徴の方が納得できて11番はよくわかんない〜って思って、でも確実に11日生まれだし11番が私の中であるけど、その特徴が理解できていないのなら私の中の11番を探そう!そしてその特徴や才能を活かそう!!って思ったことが数秘にハマるきっかけであり、原動力になっています。

自分の11番を知りたくて数秘を学んでいるんです。

3つの数字の一つ違いの先輩の言葉に衝撃を受ける!

先日、ある数秘学のオンラインの集まりに参加しました。その中で、先輩からの言葉が私の心に響きました。

その先輩は11-3-5の数字を持つ人で、私の11-4-5の数字と一つ違い!!すごい!!

私が感じた先輩の印象は、とてもユニークで自由な旅人タイプ。
発言力もあって、思ったことや感じたことをポンポン言うけど嫌味はなくて自然体。まさに3と5の特徴を感じる方でした。

慎重派な4番の私としては先輩の躍動的なところが時々ハラハラしちゃうと感じました。

その集まりの話題は「自分の持つ数字がしっくりくるか?」って話だったので、
本来持っている数字(先頭の数字、スピリチュアルナンバー、意識しなくても自然と使える才能、基本性能みたいなもの)の11がわからない問題を私はお話しました。

きちんとしている(2-7同士)両親に育てられた環境、転校生だったので目立って仲間外れになることを恐れていたこと。引越し先の近所の子に自分の思ったこと(空想の世界の話)を話したら「なに夢みたいのこと言ってるの?そんなこと言ってちゃダメ」って変な子って言われた経験。

新しい集団の中で目立たず、でも影になりすぎず適度に周りに馴染むようにいつも人の目を気にして生きてきたこと。

11番の不思議ちゃんだとダメで受け入れてもらえないなら、1+1の2番さんの仮面をかぶって控えめに優しい子を演じてきました。その方が生きやすかったから。11番を封印せざるを得なかった。だって嫌われたくないから。

でもそれでは私の中の11番が苦しいんですよね。生きにくい。だって本来の自分ではないから。仮の姿だから。

そりゃ、11を隠すよ。仕方ないよね〜。

私の話を一通り聞いた後、
先輩が、私も11番だし3番もあるからとっ散らかってはちゃめちゃだし、周りから言われたけど気にならなかったな〜。
マチコさんは11番で4番だから、周りの人の意見を聞いたり従っちゃうのは仕方ないよね〜。
4番さんって、人の意見を聞いて仕組みを作ったりマニュアル作ったりするの得意でしょ。だから人の意見を聞いて取り入れるよね〜。そりゃ、11を隠すよ。仕方ないよね〜。
って言葉にドキッとしました。

私は数秘を学んで以降、
自分と同じように先頭に11を持ってる人に出会ったら、幼少期のエピソードを質問したり、周りの人の言葉が気にならなかったか?って質問したこともありました。

周りの人の言葉を気にせずに11で生きてきた人もいるのに、なぜ私は周り人を気にして11を封印してしまったのか?って考えて小さな罪悪感を感じていました。

でも先輩の言葉を聞いたら、
仕方なかったんだ。だって4番だから。
そっか、そうせざるを得なかったんだ。4番ってそういう才能の持ち主だった!
って気づいたら気持ちが楽になり、視野が広がるというか見方が変わったというか…。

これから11番を取り戻せば、思い出せばいいんだって気づくことができました!
すごい発見!!

Machiko’s voice

11+4+5も11なのよね。

3つの数字は、今世の自分の人生のシナリオと言われます。3つ目の数字はチャレンジナンバーで、まさに自分の人生でチャレンジすること。その人生のシナリオを超越した先に4つ目の数字がある。
最初も11、今世の人生を超えた後も11なのよね。やっぱり11か〜。

私は11研究家が人生のテーマかもしれない。

あなたも数字の世界をのぞいてみませんか?
誕生数秘学カウンセラーのマチコが熱くナビゲート、ご案内させていただきます。気になる方は↓お問い合わせください。

幸せ発見クリエイターのマチコでした。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!