不登校の子がいる母の葛藤と心の雪解け【今回のギフト】48時間毎のリマインド

48時間毎のリマインドを続けています!
こんにちは、マチコです。
いかがお過ごしですか?

私は今朝から鼻水が止まらない&くしゃみ連発症状に困っています。鼻栓しながら書いています(笑)。

さてさて、七夕の日にミリちゃんから教えてもらった48時間毎のリマインドを続けています。
今朝がそのタイミングでした。

48時間毎のリマインドについては、過去記事を読んでね。

今回のギフトは、久しぶりに届いたママ友からの連絡

今日のギフトは、
久しぶりに届いたママ友から連絡でした。
子どもを通じて知り合ったいわゆるママ友です。(何年ぶりだろう?すごく久しぶり。)

不登校の子がいる母の葛藤

長男が、中学入学早々に不登校になって以来、私はママ友たちとは疎遠になっていました。

当時の私はフルタイムで仕事をしていて時間的にも余裕が無く、もともと社交的な方ではないので余計…ね。

ママ友って、子どもを通じた友人だから、当然、会うと子どもや家族、学校の話題になります。それが当時の私にはしんどくてしんどくて…。

学校の行事やその様子、PTAとか、友達関係の情報収集をするにはママ友との交流はとても助かります。

でも、不登校の子がいるって後ろめたさ(罪悪感)が、たんまりとある私にはつらくて、
しかも、「長男のこと、不登校のことを興味本位で色々と質問されるんじゃないか?」って勝手に想像して、勝手に怯えていたんです。

我が子が、周りの子達と同じように生活していない(学校に通っていない)ってことに、私は「母親失格」って烙印を押されているように、当時の私は思い込んでいたんです。

最初の子だったから、余計にね…。
勝手に十字架にして背負っていた感じです。

その結果、私は、子どもに関する友人との接触を避けるようになりました。

最初の頃は、近所のスーパーマーケットに行くのも嫌だったなぁ〜。
誰か知ってる人に会うんじゃないか?もし話しかけられたらどうしよう…って恐々としていました。そのため、時間帯を外して買い物へ行ったり、あえて少し遠いお店まで出向いたり…。

その頃は、普通に登校している生徒の姿を見るのもつらかったし、なんでうちの子は…って思って、どうしたら良いのかわからず、だいぶ病んでいましたね。

心の雪解け

長男が中学校不登校で卒業して、通信制の高校に通って無事に卒業して、
私は今、ようやくこのように当時の気持ちをブログに書けるようになりました。

しかも、第一子が不登校になるって、私にはかなりのダメージでした。
一人目の子育てや進学進路って、母親である私にとっても初めてのことばかり。中学校の生活も親として初めてのことばかり。
不登校の子のその後の進路や進学も未経験で、人と違う(レールを外す)とどうなるのか不安で不安で…。

好きなように生きていいよ。

長男は私のために身をもって「人生のレールを外す」姿を見せてくれたんです。

お母さん、もう自由になっていいよ。自分の好きなように生きていいよ。
って教えてくれたんだと私は受取っています。

長男の不登校という大義名分のおかげで、私はずっと辞めたかった仕事を退職することができました。

長男が不登校という形で、私に示してくれたんです。長男よ、ありがとう。

あれから6年経って、ようやく私の心は雪解けのようです。
ママ友からの連絡を嬉しく感じられるようになった。

そんな今回の48時間毎のリマインドのギフト(気づき)でした。

48時間毎にリマインドを設定して、そのタイミングで起きたことを「ギフト」という視点から見てみる。そうすると、当たり前の日常にもたくさんの「いいこと」があることに気づく。
そんな気づきを促してくれる48時間毎リマインド。

気になったあなたもぜひ、ご一緒に、始めませんか?
日常がいいことだらけになりますよ!

数秘11研究員マチコでした。また書きます。

スポンサーリンク